Home > 聖地 Archive

聖地 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

空間快楽/気持ちいい聖地とは?

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2013-05-18 Sat 02:49:00
  • 聖地
「気持いい空間」をテーマに活動していてるフェルニッチ初の著書、
『空間快楽案内―気持ちのいい聖地 関西編』というタイトルには、
聖地へのひとつの入り口として、「気持ちいい空間という側面を体験してみてはどうだろう?」
という提案が込められている。

これまで聖地に縁のなかった人たちにも興味をもってもらえるよう(≒たくさん売れるよう)、
できるだけハードルを下げて割り切った本のつくりになっているのだけど、一方で危惧も感じている。

空間の快楽や聖地についてのスタンスをちゃんと説明のないままあの本を出しっぱなしというのも
よくないのではないかと、ずっと気になっている。

もちろん、「まずは難しいことは抜きにして、自分で気になる聖地を訪れてみて、
自分なりにいろいろ感じてみてほしい」という提案には嘘偽りはないし、
フェルニッチのファーストメッセージであることには変わりはない。

ただ、「気持いい」が、安楽でイージーなだけのフワフワしたイメージ記号として広がってしまうと
自分が体験してきたことや感じてきたこと、伝えたいことから離れていってしまいそうな気がしている。
(出版とは多少なりともそういうものなのかもしれないけれど)

少なくとも、フェルニッチのいちメンバーとして「空間快楽」や「気持いい聖地」というものを
現在進行形でどう考えているのか、は言っておくべきだと思い、ちょっとややこしい話しになりますが。



いったい、「聖地が気持いい」ってどういうことなのか?

いろんな側面、いろんな言い方が可能な中で、あえて一言でいうと、

「エクスタシー感覚」をもたらす

ということになる。

個人的に面識のある人は「また藤田のエロ話か」と思うかもしれないけど(いやそれもあるけど)、
この「エクスタシー」は単なるエロ用語としてではなくて、
語源のギリシャ語「エクスタシス」=外に立つこと という意味に拠ったイメージを強調したい。

忘我、脱魂など、自己という枠組みから抜け出ていく感覚や状態のことで、
つまり「自己の外に」というところがキモ。

日常生活で自分を縛っている自意識や自己感覚が揺らいで、そこから抜け出て、開放されるような感覚。
これはすこぶる気持ちいい体験だけど、自分より大きな何かに畏怖の念を覚えつつ身をゆだね、
自分を手放す勇気みたいなものが必要になってくる。

何か危ない幻想状態や白昼夢のようなイメージを与えてしまうかもしれないけれど、
むしろその逆で、きわめてしっかりしたリアルな空間領域に入るという感覚がある。
尊い姿が見えたとか、お告げが聞こえたなどということは全くなくて、
ただただ日常とは異なる穏やかな空間の感触の中に浸っているだけ。それがなんとも至福の時なのだ。
(もうひとつは時間感覚の変容があるが、別の機会に触れたい)

こういう感覚体験がより意義深いとか、次元が高いなどど言うつもりはないけれど、
「自分の願望を成就したい」とか「神秘的なパワーをチャージしたい」といった慾我状態とは
全く異なったものであることは確かだ。

自分も以前はそうだったから否定はしないけれど、
ご利益やパワースポットという自己強化の視点だけで聖地を捉えるのは、
体験の可能性をせばめてしまうんじゃないかな、と思う。

それに、神聖な空間としてみだりに出入りが禁じられてきた場所もあるなかで、
一方的に、しかも突然何かをおねだりしに行くという行為はどうなのか、というためらいもある。
(この問題はまた別のところでちゃんと考えたい)

だから個人的には、聖地で参拝する際に、個人の願望成就を祈ることは今はほとんどない(昔はあった)
特定の信仰をもたない自分はあくまで部外者であり、場合によっては侵入者だ。
少なくとも謙虚な気持ちと姿勢は忘れないようにしている(たまに忘れてしまうが)
初めての場所であれば、自分が何者で何しに来たのかを心の中でご挨拶し、その場所(の神仏のにため)に祈る。
あとは、できるだけニュートラルな意識で自分が受け入れられるのを静かに待っているだけだ。

うまくいけは、先のエクスタシー感覚につながっていく。
それがどういう仕組みでそうなるのかはわからないが、
個人的には「空間の力と自己認知の関係」として解釈できたらと思っている。

そんなことは幻覚か錯覚であり、ただの主観でしかない、という指摘はあり得る。

ただ、たとえもしそうであっても、
何千年か、おそらく何万年も前から、無数の御先祖様たちが同じように(全く同じかどうか証明困難だけど)、
感じ続けてきた、経験しつづけてきたということが重要であり、それこそが聖地なのだとも言える。

例えば、聖地を考えるうえで避けては通れない必読本『聖地の想像力』(集英社新書)の中では、
著者の植島啓司氏は過去の例を批判的に検討しながら聖地の再定義を試みている。

「石組がある」「夢見の場所」「光の記憶を辿る」などなど9つのポイントが揚げられている中で、
最も重要だと思えるのが、「聖地では感覚の再編成が行われる」というもの。

これは自分の体験と照らし合わせてもしっくりくるし、
特別な信仰をもたない現代人が聖地を訪れる上でとても重要な意味を持つと思う。

しかし、この「感覚の再編成」とは一体どういうことなのか、
残念ながら本の中では暗示的に語られるにとどめられていてなかなか分かりずらい。

だから過去の聖地連載では、自分を1サンプル(実験体)に見立てて、
聖地でどういった「感覚の再編成」が自分に起こるかを自己観察してきた側面がある。

そしてそれらをまとめて思いかえしてみた時、
自分より大きな世界へ溶け出ていくようなエクスタシー感覚が、
聖地体験の中で最も鮮烈で、核になるものであると思えるし、
本のタイトルの「気持ちいい(聖地)」という表現に込められたエッセンスでもあるのだ。

そして聖地だけでなく、商業施設などの人工的な空間も含めて
そうしたエッセンスを多少なりとも含み持つ空間を「快楽空間」として捉えたいと思っている。

御座峰再訪

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2010-09-18 Sat 19:04:04
  • 聖地
御座峰再訪

前回ニアミスで行きそびれた御座峰を再訪した。
今回は、JR三郷駅から三室山を登り、龍田山の頂上を目指すという最短ルートを選択。

御座峰というのは、崇神天皇の時代、風の神が龍田山の峰に降臨した聖なる峰とされ、
御座峰~本宮の地-磐座~龍田神社へ連なる祭祀ルートは、神の降臨-移動の道=「神降りの道」
とも称されてきたらしい。

山頂(山宮)から麓(里宮)へ、そして村(田宮)へと神を降ろしてくる信仰形式は、
山神や祖霊を祭る山中他界信仰と自然神を祭る農耕信仰が合体して成立した神山信仰の基本骨子だ。

その構造にあてはめると、龍田山から下った三室山の中腹にある龍田神社本宮跡は
龍田山山頂(山宮)を拝むための里宮といえるかもしれない。

IMGP9476.jpg
三室山の登り口付近はよく整備されていて歩きやすい

前回は気づかなかったが、跡地は山の斜面を利用してピラミッドのように5段ほどの階段状で
整地されており、その一段ごとに磐座と思われる立岩が確認できた。

周囲は崩れてしまったり、草や藪で覆われているので想像の域を出ないが、
社殿跡地的な場所が確認できなかったので、社殿をもたない原始的な
自然信仰の形態をもっていたのかもしれない。

IMGP9483_20100918180438.jpg

IMGP9484_20100918181322.jpg

IMGP9489_20100918180531.jpg

三室山を登り切り、国道に出て10分ほど進むと御座峰の入り口が現れる。

IMGP9507_20100918180633.jpg

追加②

奥の方からいい風が流れてきて、呼ばれてる感が満々である。。

IMGP9533.jpg

ちょっと登ると平地のようになって抜けた空間に、放射状に枝葉を広げた樹木があり、

IMGP9510_20100918180732.jpg

その根元に「御座峰」と刻まれた石碑が。

IMGP9521_20100918180759.jpg

なるほど、「何ごとのおわしますかは」知らないが、確かに何ごとかおわします感じが濃厚だ。
しかし、それにしてもこの地の神さまは爽やかだ。さすが風の神さま。
ジメジメしたところがなくカラッと明るくいつも笑顔を絶やさない、そんなイメージ。
しかし大阪近郊にこんな聖地があったとは・・・。

しばらくたたずんで、ご機嫌な精気をたっぷりいただく・・・満足、満足。

追加

調子にのってさらに奥に続く小道へ行ってみたが
身の丈以上の茅の壁に行く手を阻まれる。
まだまだ道跡は続いていたが、獣道のようだったので撤退。。。
身体が発する危険信号には従うに限る。

IMGP9512_20100918181549.jpg

案の定、帰り道にイノシシの檻(罠?)を発見。

IMGP9534_20100918181614.jpg

悪霊よりもイノシシやクマには会いたくない今日この頃・・・



生駒山系南端エリアの聖地(後編)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2010-07-23 Fri 22:30:16
  • 聖地
またえらく間があいてしまいました。
生活費を稼ぐための労力がどんどん増大していく・・・
世知辛い世の中ですなぁ~



生駒山系南端エリアの聖地(後編)


出発時のなんとなくのイメージでは、
河内堅上駅から金山彦神社~金山媛神社を経由してそのまま183号線を進み、
適当なところで左手(南方向)に向きを変えて三室山を目指すつもりだった。
がしかし、金山媛神社の謎の神・「透神」の背後の山がとても気になりそっちへ登ってみた。
登り道の脇には道に沿うように岩が帯状に隆起していたり、磐座らしい立石が斜面にチラ見えしたりで
やはり製鉄一族が一帯で活動していた気配がビンビンである。
息を切らせながら細道を登りきると、驚いたことにそこには秘境が!ということはなく
昭和期そのままという感じの集落だった。

IMGP9392_20100728231939.jpg

IMGP9399_20100723221535.jpg

IMGP9398-1.jpg

仙人のような謎の老人に秘儀を伝授されたり、道に迷ったギャルと運命の出会いをすることもなく、
こちらを怪しむふつうのおばさんに会釈しつつ「この人は製鉄一族の末裔かもしれん」と思ったりしながら
集落を降り、再び183号線に合流。ひたすら進む。しかし想像以上の急こう配でキツイ。
「ただのグーグルマップでなく等高線の入った地形図ももってくるべきだった・・・」

目指すは「三室山」。「みむろ」と名前がつく山ということは信仰の対象だったにちがいない
という手前味噌な解釈に基づいた判断だ。
そして方向的には、三室山を越えると三郷駅の方に出て龍田大社まで回れるという魂胆だった。

しかし、国道を登れば登るほど周囲は三方が山状態で、どれが三室山なのかわかならい。
手持ちのぐぐるマップにも道は載ってなくて「南東方向」というアバウトなことだけがわかっている。
しかし道というものはずっとまっすぐに伸びているわけではない。
しまいには方向もよくわからなくなって、暑いし、しんどいし、三室山はもうあきらめムードになった頃、
なんとなく気に入った脇道へ「エイヤ」で右折。進んでいるとはるか遠方の眼下に街が見える。
どこの街かわからないが、とりあえず山中で路頭に迷うことはなさそうでちょっと安心する。

IMGP9402_20100723221602.jpg

さらに進むと細い脇道があり「古神社跡→」の看板が。なんとなく直観でそちらに方向を変え森の中に入っていく。
なかなかいい感じだ。やる気も復活してきた。ずんずん進むと古い井戸の跡があり、続いて小ぶりな立石が見える。
ここは特殊な場所だなと思っていると、なんと「龍田神社本宮跡」という石碑を発見。
聖地を探して歩いていて、こういう出会いの瞬間は本当にうれしい。
向こうも待っていてくれて、偶然か必然かわからない遭遇の喜びをお互いに分かち合うような心境。
もちろん「待ってくれていた向こう」とは一体誰なのか、よくわからないのは言うまでもない。

IMGP9403.jpg

IMGP9407.jpg

山の斜面に築かれた神社跡にしばらく佇んでいると龍田神社が風の神を祭る理由がよくわかる。
季節がよかったこともあるが、極上の心地よい風が流れ続けているのだ。
ちなみに適温の水や優しい風やヌルヌルしたもの?などがカラダの皮膚を撫でていく流体感覚を
最上級の快楽に位置付けている者としては、ここの極楽度はバリのウブド級である。

IMGP9411.jpg

IMGP9416.jpg

IMGP9422-1.jpg


風の神さまの愛撫をたっぷり堪能し、そのまま山を下っていくと神山独特の雰囲気が色濃くなり、
下界に近づきまた薄くなっていく。低い山なのだ。道も整備され、展望休憩所が現れる。
そこの看板を見て驚いた。降りてきた方向に矢印を向けて「←三室山」と書かれていた。
なんと図らずも、三室山の頂上から途中の神社跡を経て、下山してきていたのだった。
説明書きを見ると、古代から信仰対象であったらしく古墳もいくつか見つかっているらしい。

下山し三郷駅の街に出て龍田大社を目指す。
大社だけあって立派だがそれだけなイマイチ感が漂う中、
本殿左奥にある摂社の「白龍神社」だけは凄かった。
周囲は宅地造成などで開発されつくしているのだけれど、
非常にプリミティブな信仰エネルギーが残存している感じ。
最後に三郷駅近くの神奈備神社に立ち寄り、長い一日が終わった。

IMGP9466.jpg
IMGP9470.jpg
白龍神社(上下とも)

IMGP9475-2.jpg
神奈備神社

帰宅後調べていたら、よくわからなくなった辺り以降はかつて龍田古道と呼ばれていて熊野古道よりも古いこと、
三室山の背後には龍田山がありその山頂には「御座峰」と呼ばれる風神の降臨地があって自分が歩いたルートでは
ニアミスを犯していたことがわかった。
いま一歩、聖地センサーが抜けているのは相変わらずである。

後日、再訪したのは言うまでもない。



生駒山系南端エリアの聖地(前編)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2010-05-20 Thu 21:40:58
  • 聖地
久しぶりの更新です。。。
このブログは今後、聖地専用でいきたいと思います。
フェルニッチの日記と内容は重複することもありますが、
こちらは写真を多く載せていくつもりです。
フェルニッチは3人でリレー日記してますのでそちらもぜひご覧ください。
http://fernich2.petit.cc/banana/
ホテルなどの商業空間については新しくサイトを立ち上げる予定です。。。(いつになることやら)


生駒山系南端エリアの聖地(前編)

信貴山隣の式内高御座神社・岩戸神社からはじまり、鐸比古鐸比媛神社と続いた
生駒南山系の聖地探索シリーズ第3弾(自分の中で)は、ピンポイント狙いではなく
山系南端部分を横断するように歩いてみた。というか結果的にそうなった。
鉄道でいうとJR関西線の河内堅上駅手前あたりから三郷駅ぐらいまでの範囲。

このあたり一帯はちょうど柏原市・藤井寺市(河内平野の出口)と
王子町(奈良盆地の入り口)に挟まれた中間地帯にあたる。

ところで奈良盆地は実は6000年ほど前まで一大湖で、
現在の「山辺の道」あたりが湖岸であった、らしい。
で、地質学的には2500年ほど前に断層による大陥没が起きて水が流れ出し、
水位が20mほど下がったと見られている、らしい。

そしてちょうどその陥没がおこったのがJR関西線の河内堅上駅付近だった、という説がある。
(グーグルマップの航空写真で見ると関西線が通るラインは、もともと山続きだった
生駒山系と葛城山系を分かつ亀裂のようにも見える)

ということでその地形を実際に見てみたかったのと、ちょっと山側に入ったところに
鉄の神を祭る「金山彦神社」「金山媛神社」があり、隣の三郷駅には風の神を祭る
「龍田大社」があってこれは怪しい、となんとなく唾をつけていたのだ。

さらにグーグルマップで見てみると、両駅の間に「三室山」という表記を発見。
(後で調べたら桜で有名なスポットだった。と同時に古代からの神域だった)

「みむろ山」と呼ばれる山は、ほぼ間違いなく神の山である。
一番有名なのは大神神社の三輪山だ。あそこも「みむろやま」と呼ばれている。。。
「これは行くしかない!」となった次第。

河内堅上駅で降りてみて、なるほどまずその地形に納得。
両サイドにはすぐ山々が迫り、線路に平行して大和川が流れている。
河に掘り込まれたようなV字型の渓谷空間が大和盆地と河内平野を結んでいる。
大和湖の水がここを通って大阪湾に排水される壮大な光景を妄想してみる。

IMGP9361.jpg
河内堅上駅周辺を俯瞰

独りでひとしきりで頷いてから「金山彦神社」を目指す。
グーグルマップを印刷したA4のなんちゃって地図だけが頼りだが、
高低感がわからず結構迷う。

やっとのことで国道183に出るとすぐに見つかった。
古代にこの山間部にいた製鉄集団の信仰が源のようで、
「たたら炉」の復元などが展示されていてそれはそれで興味深い。

IMGP9368.jpg
金山彦神社境内

IMGP9371.jpg
たたら炉の復元展示

この神社に注目した理由はもちろん「製鉄」。
上野篤というという人は、製鉄技術の発達によって大規模な土木・治水工事が可能になり
平野や古墳がはじめて造成されたとという説を展開しているが、
大和湖の排水口にあたるこの土地で製鉄集団の神が祭られているという事実は
いろいろと想像を膨らませてくれる。

さらに先取りして言っておくと、隣駅の「龍田大社」の祭神は風の神だ。
古代の製鉄技法に良好な自然風の確保は欠かせない。

それはさておき、聖地的にはそこから国道を30分ほど歩いた(登った)ところに鎮座する
「金山媛神社」の方が面白かった。

金属集団の信仰神を祭るということでは「金山彦神社」とほぼ同じ背景をもつようだが
興味深いのは境内の端にひっそりと祭られている「透神」という存在。
内実はまったく不明だがその一角から強烈なオーラが放たれている。
おそらくもともと信仰されていた地主神や山神だったのが、式内社神によって脇に
追いやられたという典型パターンではないだろうか。

でこの透神を祈る方向は主拝殿で祈る方向と90度異なっていて、
雰囲気たっぷりの山側へ面している。

奥を覗き込むと注連縄で結界がつくられ「透荒御魂」の立て札が・・・
一瞬たじろぐが野生動物のような荒々しくもピュアなエネルギーにすっかり魅せられる。
聖地探しでもっともスリリングな瞬間のひとつだ。(後編に続く)

IMGP9382.jpg
金山媛神社の拝殿

IMGP9386.jpg
境内の片隅にポツンと・・・

IMGP9384.jpg
透神・・・・ナンダロウ・・・・?

IMGP9388.jpgIMGP9396.jpg
背後から異空間のオーラが・・・透神の荒御霊を祭る?結界。上方の山中には巨大な岩がチラ見えしたが危険すぎて近づけなかった・・・

原始の聖域

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2009-03-30 Mon 22:50:54
  • 聖地
バリ島 
ゴア・ワラ~チャンディダサ

WBCには感動させてもらったのだけど、
「侍ジャパン」というネーミングだけは納得しかねる。
あの戦い方は「侍」というよりも「忍び」だと思うんですけど・・・
サッカーもそうだけど、いつから日本人には爆発力とかパワーでは
太刀打ちできないということになってしまったのだろうか?

メイン

原始の聖域

ウブドからチャンディダサへ向う途中、とんでもないものを見た。
整備されすっかり快適になった幹線道路に沿って
ギャニャール地方を抜け、イーストエリアの海岸線に出る。
「チャンディダサまであと、どのくらい?」「30分ぐらいかな」
などとクルマを出してくれた友人と話していると、
突然視界に何かが横切った。というより、
一種異様な妖気に満ちたトンネルを通り抜けたような感じがした。
すぐに振り返って後方を確認する。
「ナンダ、アレハ?」
通り過ぎようとしている寺院の入り口あたりに
異様な気配を放つ対の白い巨木。
60km以上のスピードで走ってるクルマの中まで
何かが伝わってくるなんて経験がない。

「ちょっと待って、クルマ止めてくれる」
友人は「そりゃそうだろう」とでもいいたげな笑みを浮かべている。
クルマを降りて巨木のところへ戻る。
「ナンダアレハ、ナンダアレハ・・・」
頭の中で疑問が渦巻く。

メイン

これ以上無理、という距離まで近づく。
目の当たりにすると、その異様さにしり込みする。
「き、キモイ・・・」
強烈なパワーを放つ巨木や巨石はたくさん見てきた。
殺されるんじゃないかと思うような殺気を放つものも見てきた。
しかし、どれとも違う。今まで見てきたものとは異なるものが
目の前にある・・・
この寺院のご神木であることは間違いない。
きっと古くから信仰の対象とされてきたのだろう。
しかし、この感じ、一般にイメージする祭神とは全然違っている。
なんというか、妖怪に近いような感じもする
(いや妖怪に会ったことないけど)
でっぷり太ってその場を動かない巨大妖怪のイメージだ。
「呪ってやる~」みたいな殺気は感じないが、
妖しく、禍々しい気配を発散し、そこだけ別次元。
「別に人間には興味ないしー」
「でも、祭ってくれるなら、ま、いいかー」とでも言ってるような佇まい。。
霊木枝

現地の家族連れなんかが平気で横を通っていくけれど、
なんともないのだろうか?

しかし、そもそもアニミズムや原始的な自然信仰における信仰対象は
こういった存在だったのかもしれない。
得体の知れない不気味さ、気持ち悪さ、巨大さ、
そして人間なんてひとのみしてしまいそうな強力な霊気。

民俗学的には、そもそもカミとは祟るだけの恐ろしい存在、
「畏れ」の対象でしかなかったという説もあるみたいだし。

寺院

後で調べてみると、この寺院は「ゴア・ワラ寺院」といって
バリ6大寺院のひとつで、コウモリ洞窟で有名なところだった。
観光スポットでもあるみたいだが、いろいろ見てみても
この神木について記述されている情報は見当たらない。
もしかして、自分の感覚がおかしいのか?

さて、目的地であるチャンディダサでも気になる場所があった
ホテルやレストランなどが集まっている中心エリアにラグーンがあるのだが、
幹線道路を挟んでその向かいにチャンディダサ寺院がある。
地元の少女がお供えをしていたりしてイイ感じなのだが、聖地感は薄い。

お供え少女1

お供え少女

フラフラ散歩しながらホテルに戻ろうとすると、その脇に登り階段を発見。
階段

一目で怪しい感じがする。上の方からお誘いの風が・・・
「しんどいことは一切しない」と決めたはずなのに、
汗だくになってフーフー言いながら登ると、そこはまさに聖域。

チャンディダサ寺院の摂社なのか、奥宮なのか、あるいは別モノなのか。
何も情報はない。ただ質素な社が設置されているだけ。
だけなんだけど、これがとてもイイ味を醸し出している。
ヒンドゥー教なのでリンガ(性器型のご神体)は祭ってあるが、
磐座のような依代系は見当たらない。

周辺2

正面

裏

割れ門縦霊樹

ただ階段を登りきった聖域の境界あたりには
ただならぬ雰囲気を発散する霊樹が1本。
でも、もっと恐ろしいもの見たところなのでインパクト弱し。
ここは空間そのものがとても古くから大事にされてきた感が
ビシビシ伝わってくる。

何がしかの儀礼が行われた直後だったのかもしれない。
自然条件的なエネルギー場というより、儀礼や祭祀を重ねることで
いぶし銀の聖地が熟成されてきたようなイメージだ。
それにしても丁寧に丁寧に整備されているようで、
場の整った感じは、日本の神社や禅寺にも通じるものがあった。

ラスト

Index of all entries

Home > 聖地 Archive

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。