Home > スポンサー広告 > 風水吉相の地にそびえ立つ赤い宮殿(圓山大飯店)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

エルザ URL 2006-04-06 Thu 11:06:05

すごいホテルですね。いつもエッジさんの写真の腕に感心します。どうしたらこうやって撮れるのか、、。

中国の色彩感覚にはいつも圧倒されますね
[赤」の奔流という感じですね。香港でも高級ホテルが金と赤ばかりでちょっと疲れました。
圓山大飯店泊まって風水の吉相を身に受けたいものです。

エッジ URL 2006-04-07 Fri 01:55:48

やっぱりスケールと強度が違う気がしますね。

経済的には貧しい数十年を挟みましたが、
遺伝子的には我々日本人の及び知れない部分が
絶対にあると思います。。。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/13-372b25d2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from  空間快楽主義 

Home > スポンサー広告 > 風水吉相の地にそびえ立つ赤い宮殿(圓山大飯店)

Home > ホテル > 風水吉相の地にそびえ立つ赤い宮殿(圓山大飯店)

風水吉相の地にそびえ立つ赤い宮殿(圓山大飯店)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2006-04-01 Sat 04:26:40
  • ホテル
台湾 台北市
圓山大飯店(The Grand Hote)

20060401040921.jpg
この圓山大飯店は世界10大ホテルの一つともいわれ、
世界でも名の知れた有名ホテルだそうです。
確かにはじめて訪れた時は、丘の上にそびえ立つ堂々とした威風や
深紅で染まった壮麗な宮殿風のロビー空間には息を呑んでしまいました。

変な話ですが、今でこそ中国は経済大国として目覚しい成長を
遂げていますが、子供の頃から実際に上海を訪れた数年前まで
ずっと貧しく地味な国としてのイメージが私の中に定着していました。

でも考えてみれば、それは長い中国の歴史の中でほんの
一瞬のような期間であって、皇帝貴族や上流階級の人々は
常に世界でも最高レベルの贅を尽くした華やかな文化の中にいたのですね。
そしてその遺伝子は「蒋介石が率いた大陸人を通じていまの
台湾に色濃く継承されているのだなぁ」と、いまさらながら
このホテルを見て思い知らされたのです。
20060401040933.jpg

20060401040958.jpg

中華宮殿風の大型建築や、中国の伝統的な芸術文化の粋が
いたるところに埋め込まれた気高い内部空間、
重厚な雰囲気の客室など、見所はたくさんあるのですが、
このホテルにはもうひとつ重要なポイントがあります。

それはこの立地が「風水」によって選ばれたということです。

「風水」というのはもともと古代中国人の自然観を背景に生まれた
「気持ちの良い自然⇒人生に幸福をもたらす運気」を
暮らしの中に積極的に取り入れようとする生活環境術の一種で、
いま日本で流行っているような「Dr.○○風水」とは
ちょっと異なる総合的な観法なのです(一部関係しますが)

台湾では今でも中国直系の風水技法が盛んに利用されているのですね。

そして圓山大飯店においても風水の視点から吉相が選ばれています。

では吉相の地とはどんな場所か?

一言でいうと「背山臨水」。
これは「山を背にして水に臨む」地を意味します。
いいかえるなら、三方を山に囲まれ一方が開けているような
地形で、
かつ開かれた平地には川や池など、「水」を湛えうるような
地形が、環境としてもっともよいとされるのですね。

じゃあ実際に圓山大飯店の地形はどうなのか?

前方には基隆河、後ろは陽明山、東西には松山区と淡水河を望む小高い丘の地・・・

はい、まさに「背山臨水」を地で行くような理想的環境ですね。
(ちなみにここは以前日本が台湾を統治していた時代に、
台湾の総鎮守である台湾神社があった場所でもありました)

少し奮発してGrand Deluxe Room(シティビュー)に泊まれば
バルコニーから賑やかな市街地の絶景とともにこの「吉相地」を
実感することができます。
(僕は幸運にもグレードアップで泊まることができました!)
20060401041127.jpg

20060401041117.jpg

ほろ酔い気分でこの広いバルコニーから夜の風景を眺めていると、
まるで中国の古代の皇帝が支配地を望むような気分になって
つい「わが土地、わが民よ~」などと言ってみたくなりました。

余談ですが、数年前にこのホテルとちょうど向かい合うように、
背高く尖ったエンパイアステートビル型の三越ビルができました。
(上の写真ではかすかに見えています)

尖ったものが向いている状態は風水的には「殺気を放つ」とされ
避けなければなりません。実際ずいぶん反対があったということですが、
三越側は当初の計画より少し高さを低くしただけで
建ててしまったのですね。そうするとまもなく圓山の屋根が
火事で焼けてしまったんだそうです。
もちろん偶然と言うこともできますが・・・

さらに余談ですが、このホテルは建築や空間的には素晴らしく
価値のある体験でしたが、ホスピタリティやスタッフのサービス姿勢には
疑問を感じました。世界10大ホテルには程遠い、かと。
もちろん、たまたまそうだったのかもしれませんが・・・


20060401041110.jpg

20060401041156.jpg


人気blogランキング参加しています。ご協力のワンクリックを
スポンサーサイト

Comments: 2

エルザ URL 2006-04-06 Thu 11:06:05

すごいホテルですね。いつもエッジさんの写真の腕に感心します。どうしたらこうやって撮れるのか、、。

中国の色彩感覚にはいつも圧倒されますね
[赤」の奔流という感じですね。香港でも高級ホテルが金と赤ばかりでちょっと疲れました。
圓山大飯店泊まって風水の吉相を身に受けたいものです。

エッジ URL 2006-04-07 Fri 01:55:48

やっぱりスケールと強度が違う気がしますね。

経済的には貧しい数十年を挟みましたが、
遺伝子的には我々日本人の及び知れない部分が
絶対にあると思います。。。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/13-372b25d2
Listed below are links to weblogs that reference
風水吉相の地にそびえ立つ赤い宮殿(圓山大飯店) from  空間快楽主義 

Home > ホテル > 風水吉相の地にそびえ立つ赤い宮殿(圓山大飯店)

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。