Home > スポンサー広告 > 夢を終わらせるための遺産(ダイビル)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/15-6a16f97c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from  空間快楽主義 

Home > スポンサー広告 > 夢を終わらせるための遺産(ダイビル)

Home > 建築 > 夢を終わらせるための遺産(ダイビル)

夢を終わらせるための遺産(ダイビル)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2006-04-07 Fri 04:08:37
  • 建築
大阪市
ダイビル本館(大阪ビルヂング)

mein.jpg


大阪って難しい街です。

ご存知かもしれませんが、
大阪はかつて東京を凌ぐほどの繁栄を謳歌した
日本最先端、最大級の都市でした。
(恥ずかしながら最近まで知りませんでした・・・)

かつてというのは「天下の台所」と呼ばれた江戸時代の
基盤を背景に急速な近代化を遂げた大正時代です。

このダイビルはそんな大阪の最盛期に建てられた
当時の繁栄を象徴するかのようなビルヂングです。

エントランスまわりや中のホールの壮麗な装飾造形は、
富が集まり繁栄するということが一体どういうことなのかを、
繁栄を知らない私たちに教えてくれるような気がします。
20060407035936.jpg


私のような戦後日本生まれの人間は、ある都市に
極度の富の集中がおこった時の繁栄というものを知りません。

大阪万博景気だって80年代バブルだって、おそらく
ケタ違いにスケールが小さかったのだろう
このビルのエントランスホールを見ているとそう思います。
20060407035919.jpg


だけどこの素晴らしい建築を見て大阪人が
かつての大大阪を誇るのはちょっと違う気がします。

大阪には同じような繁栄はもうあり得ないでしょう。

だとしたら、大阪には「夢の後の次」こそが
いま必要なはずです。

数年後にはダイビルは取り壊される予定だそうです。

絶対に残すべきだ、と思います。

でもそれは「古きよき大大阪」を誇ったり、
懐かしんだりするためではなく、
もう終わってしまった今とは違う時代の
今とは違う大阪を胸に刻み、次へ向かうために
区切りをつけるために残すべきだと思うのです。

20060407035950.jpg

20060407040002.jpg

20060407040722.jpg


人気blogランキング参加しています。ご協力のワンクリックを
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/15-6a16f97c
Listed below are links to weblogs that reference
夢を終わらせるための遺産(ダイビル) from  空間快楽主義 

Home > 建築 > 夢を終わらせるための遺産(ダイビル)

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。