Home > スポンサー広告 > 閉じたパラダイス(バリ島 ウマラス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/31-3c1a3322
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from  空間快楽主義 

Home > スポンサー広告 > 閉じたパラダイス(バリ島 ウマラス)

Home > 空間小話 > 閉じたパラダイス(バリ島 ウマラス)

閉じたパラダイス(バリ島 ウマラス)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2006-06-07 Wed 20:05:56
  • 空間小話
バリ島 ウマラス
Bin House別荘

20060607194416.jpg

20060607194353.jpg


閉じたパラダイス
近年オシャレなエリアとして人気を集めるバリ島有数の
リゾートエリア「スミニャック」からクルマで15分ほど。
ひなびた海岸沿いの広大な敷地にその別荘はありました。

日本での幸運な出会いと、仕事で少し絡んだことが重なり
僕は昨年、「Bin House」というインドネシアを代表する
ファッション・インテリアブランドの経営陣とメインスタッフが
休暇を取るためのバリ別荘地に招かれたのでした。

千坪を越える敷地に彼らが寝泊りをしたり、
来客を招いたり、祝宴なども行えるようないくつもの
建物が配され、庭には最新式の塩水循環システムを
備えたプール、さらには私設博物館も建設中でした。
20060607194526.jpg

20060607194543.jpg

20060607194604.jpg


経営者が創業オーナーのファミリー企業であることを
考えると、バリにこうした広大な別荘をもつことは
難しいことではないでしょう。
(予想以上の規模ではありましたが・・・)

しかし、その規模以上に驚かされたのが
彼らの洗練されたセンスのよさでした。

彼らの独特の感性を一言でいうと、
「インドネシアの伝統とグローバルモダンのハイブリッド」
ということになります。

Bin Houseを世界的に有名にしたバティック製品を
見ても分かりますが、伝統的な美や技を学術レベルで
研究したうえで、極めて洗練された現代的なかたちで
プロダクト化していく能力には驚かされるものがあります。

日本人が着物文化をなかなか上手く現代化できない
のとは対照的ですね。

彼らは、ほとんどがインドネシアで生まれ育った
インドネシア人ですが、民族的にはチャイニーズの血が
色濃いようですし、跡取り息子をロンドンに留学させたり
欧米のスタイルも日本人以上にスマートに消化している
ように見えます。
20060607194511.jpg

もちろん日本のハイテク商品や食文化も大好きで、
日本最新のデジタル家電製品もあちこちにころがって
いましたし、ある晩の夕食にはグランドハイアットの
和食シェフを招き、揚げたての天麩羅が振舞われたりしました。

しかしなんでも日本万歳というわけではなく、韓国や
ヨーロッパのメーカーブランドなども適材適所に取り入れて
いいところ取りのライフスタイルを構築しているようでした。

20060607194630.jpg

そのように極めて柔軟に世界中のさまざまな文化の
エッセンスを吸収しながら、ベースにはインドネシアの
伝統文化を強固に保持するという独特のスタンスから
独特の美的スタイルが生まれているのでしょう。
20060607194641.jpg

訪れた時はちょうどスタッフ同士の結婚イベントを
控えているということもあり、まるで現代アートのような
オブジェや照明で広大な庭園が演出されていて、
多様な文化テイストがバリの自然に入り混じりながら、
美的に統一された様は、今までちょっと見たことがない
光景でした。

ここでくつろぎながらおしゃべりをしたり、本を読んだり、
泳いだり、一緒に食事をしたりして過ごす時・空間は、
外から訪れた人間にとっては一種のパラダイスですね。

しかし、一方で思い知らされたこともあります。

それはスタッフや使用人も含めて
彼らがひとつの大きなファミリーであり
強固な岩のような結束を誓うコミュニティである
ということでした。

彼らは招いた客には、基本的に親切でオープンなのですが
あくまで「招いた=外の人間」というポジションが明確で
あることが前提の受け入れ方であり、
基本的には「閉じた世界」を生きているということです。

会社を守り、さまざまな危険から自らを守るためには
外との境界を設け、結束を固めて生きていくというのは
世界では常識なのかもしれません。

しかし、コミュニティが崩壊した後の日本で生まれ育った
僕にとってそれはうらやましい光景でありながら
同時に息がつまりそうな世界でもありました。

あらゆることが共同体=ファミリーの中で管理され
完結する世界で生きる自分を、ちょっと想像してみると
正直ゾッとするものがあったのも事実です。

西洋人ほど個人主義にもなれないし、
伝統的な共同体社会にも戻れない。

個は尊重されながら、ゆるやかな繋がりの中で生きる。

そういった第3のスタイルのための
空間のあり方を探していきたいと思います。

20060607194435.jpg

20060607194450.jpg

20060607194616.jpg



ブログランキングに、ご一票をお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/31-3c1a3322
Listed below are links to weblogs that reference
閉じたパラダイス(バリ島 ウマラス) from  空間快楽主義 

Home > 空間小話 > 閉じたパラダイス(バリ島 ウマラス)

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。