Home > スポンサー広告 > 畏怖という快楽(龍穴神社)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

エルザ URL 2006-03-19 Sun 21:26:46

エルザです。こんばんは。。
龍穴神社聞いたことがありますが写真を見ても畏怖の感にうたれますね。ご神木からは私の好きな「気」が流れてきそうです。
太古から栄えたからなのか奈良にはそういった神社スポットが多いようですね。大神神社もすごい気が強いところだと聞いています。

エッジ URL 2006-03-24 Fri 17:17:09

こんにちは。
おっしゃる通り、奈良には原始的な気の強いスポットが多いですね。
大神神社もそのうちのひとつですが、ここの凄さはご神体である三輪山に登るとその真価が実感できると思います。
登頂口にある狭井神社(さいじんじゃ)に行くだけでも結構なものですが・・・

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/6-e729eb34
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from  空間快楽主義 

Home > スポンサー広告 > 畏怖という快楽(龍穴神社)

Home > 聖地 > 畏怖という快楽(龍穴神社)

畏怖という快楽(龍穴神社)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2006-03-13 Mon 23:15:30
  • 聖地
龍穴神社
神域の龍穴と石畳

20060314014002.jpg20060314014012.jpg


奈良には古代から変わっていないと思われる聖地・神域がいくつも残っています。
この龍穴神社もそのひとつで、軽はずみな気持ちでは入っていけないディープな
パワースポットです。

上写真の「龍穴」とよばれる洞窟からは恐ろしいほどの神気が放たれていて、
訪れるときはいつも少しだけ勇気が必要になります(平気な人もいますが)

しかし一方で龍穴のすぐ隣の清流が流れる石畳(下写真)は
限りなく透明で清涼感に溢れており、こころの垢をすっかり洗い流してくれる
ような心地よい空間です。

このような得体の知れない不気味なモノと限りない清らかさのセットこそ
日本の聖地の奥深さを形作っているのかもしれません。

ちっぽけな人間を超えた圧倒的な存在感に対して抱く「畏れ敬う」感覚は、
現代の日常生活の中ではほとんど経験する機会がなくなっていますが
特定の宗教を信仰していなくても知っておくべきものではないか、
という気がします。

というか、この感覚なくして「地球にやさしい」とか「環境を守ろう」といった
甘ったるい牧歌的なエコロジー発想はほとんど人類の思い上がりとしか思えませんね。

20060314014114.jpg

20060314014104.jpg

20060314014048.jpg


人気blogランキングにご1票を
スポンサーサイト

Comments: 2

エルザ URL 2006-03-19 Sun 21:26:46

エルザです。こんばんは。。
龍穴神社聞いたことがありますが写真を見ても畏怖の感にうたれますね。ご神木からは私の好きな「気」が流れてきそうです。
太古から栄えたからなのか奈良にはそういった神社スポットが多いようですね。大神神社もすごい気が強いところだと聞いています。

エッジ URL 2006-03-24 Fri 17:17:09

こんにちは。
おっしゃる通り、奈良には原始的な気の強いスポットが多いですね。
大神神社もそのうちのひとつですが、ここの凄さはご神体である三輪山に登るとその真価が実感できると思います。
登頂口にある狭井神社(さいじんじゃ)に行くだけでも結構なものですが・・・

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/6-e729eb34
Listed below are links to weblogs that reference
畏怖という快楽(龍穴神社) from  空間快楽主義 

Home > 聖地 > 畏怖という快楽(龍穴神社)

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。