Home > スポンサー広告 > 巨石という未知媒体(石の宝殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

cg-off URL 2006-10-28 Sat 20:30:45

建築に関する、写真 goodです (^・^)
 リンクしたいのですが、宜しいでしょうか?

2006-10-28 Sat 22:01:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/60-f82ccd86
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from  空間快楽主義 

Home > スポンサー広告 > 巨石という未知媒体(石の宝殿)

Home > 聖地 > 巨石という未知媒体(石の宝殿)

巨石という未知媒体(石の宝殿)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2006-10-23 Mon 23:22:21
  • 聖地
兵庫県高砂市
石の宝殿(生石神社)

とんでもなく理解不能なものに出会ったときの高揚感、
ドキドキ感は、何ものにも換えがたい・・・


20061024004907.jpg


巨石という未知媒体

人は自分のまったく理解が及ばないものを見たとき、
頭が真っ白になるか、なかったことにしようとします。

日本三奇のひとつに数えられるこの「石の宝殿」も
全く理解の範囲を超えていて、見るたびに頭が真っ白になります。
※三奇の残りは塩釜神社の塩釜(鉄)と霧島神社の天乃逆矛(銅)ですね

生石神社の拝殿中央の細い通路を入るといきなり目前に
巨大な石の壁が現われるのですが、それが「石の宝殿」です。

20061024005047.jpg 20061024004925.jpg

これが1本の岩の柱なのですね・・・笑うしかありません。

資料では高さ約6m×幅約7mの立方体で重量は500~700tと
されていますが、左下の写真の左隅に人が写っているので、
その対比からこれがどれほどバカげた大きさかお分かりいただけると
思います。下の写真で拝殿と比べてもらっても結構ですが(笑)

20061024005223.jpg 20061024005242.jpg

20061024005153.jpg

この巨石を見て湧き上がってくる感情は、
なんとも表現しがたいものがあります。

無意識の奥の層からマグマのような熱いものが未分化の感情を
鷲掴みにしたまま吹き上がってくるような感じです。

そしてちょっと冷静になると、次は疑問の嵐です。

まず、なぜこんなにデカイのか?
そしていったい何のためにこんなカタチをしているのか?
理解不能の幾何学的形状です。

写真では大きすぎて全体を捉えきれないのですが、
実はこの岩は単純な直方体ではありません。
背後に三角錐の出っ張りがあるのです。
ちょうどブラウン管式のテレビのような形に似ています・・ ・

20061024005526.jpg 20061024005517.jpg

そして両サイドには溝が鋭利に帯状に掘り抜かれています。
かなり風化しているものの、一瞥して明晰な計算のもとに
形状が整えられている様がはっきりと伝わってきます。

つまり、これは古代人がただ単に巨大な岩を
神と見立てて拝み祭ったのではなく、
ある意図をもって岩盤質の岩山から削り出そうとしている
制作途上の巨大な構造物なのです。

しかし、いったいどんな目的でこんなものを?
形状だけを見ると、何かのパーツのような何かに組み
合わせる部品のようにも見えます、が・・・

伝説(神話)では次のような起源が伝えられています。

神代の昔、大穴牟遅(おおあなむち)と少毘古那(すくなひこな)の
二神が天津神の命を受け国土経営のため出雲の国より
この地に座した際に、国土を鎮めるために相応しい
石の宮殿を造営しようと一夜にして工事を進めた。
しかし途中で阿賀の神の反乱がおこり、二神は山を下り
多くの神々を集め乱を鎮圧したが、夜が空けてしまい
この宮殿を正面に起こすことが出来なかった。しかし二神の
霊はこの石に篭り、永劫に国土を鎮めんと言明された・・・
と。

また万葉集にはこの伝説を前提に歌が詠まれています。

 大なむち少彦名のいましけむ しづのいわやは 幾代へぬらむ

 世をへても朽ちぬいはほのなかりせばかみ代のあとをいかてしまらし


万葉集の時代に「幾代も経て朽ちない」と言っているわけですから
相当古い時代の産物だということがわかりますね。

この一帯は現在でも採石場ですので、
古代から石切り場だったであろうこと、そして石切り場は
世界中で聖地と深く結びついていますから、聖なる地として
崇拝されていたことは想像できます。
20061024011700.jpg

20061024005816.jpg 20061024005833.jpg

それにしても・・・この馬鹿デカさと不思議な形はどうしたって説明がつきません。
考えたって分からないことだけが分かります。

ですが、この石を見ていると何か無言のメッセージが秘められている
ような気がしてきて分からないで済ませたくない気分になります。

数千年来の文明が忘却してしまった智慧のようなものがあり、
それは平面(紙)ではなく、立体(石)によってのみ表現され得る何か・・・
ロマンが過ぎる妄想でしょうか

20061024005849.jpg

あ、それから本体が圧倒的すぎて目立たないですが、拝殿脇にある
石の宝殿の分石とされる霊岩のパワーも相当なものです。
他の場所であれば間違いなく主役級です(笑)

20061024005803.jpg


ブログランキングに、ご一票をお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

Comments: 2

cg-off URL 2006-10-28 Sat 20:30:45

建築に関する、写真 goodです (^・^)
 リンクしたいのですが、宜しいでしょうか?

2006-10-28 Sat 22:01:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/60-f82ccd86
Listed below are links to weblogs that reference
巨石という未知媒体(石の宝殿) from  空間快楽主義 

Home > 聖地 > 巨石という未知媒体(石の宝殿)

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。