Home > スポンサー広告 > 天系聖地の不思議①(伊勢神宮)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/87-c803ecb3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from  空間快楽主義 

Home > スポンサー広告 > 天系聖地の不思議①(伊勢神宮)

Home > 聖地 > 天系聖地の不思議①(伊勢神宮)

天系聖地の不思議①(伊勢神宮)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2008-01-14 Mon 19:44:44
  • 聖地
三重県 伊勢市
伊勢神宮内宮

いやはや久々の更新です。
いろんな方から「更新はまだですか?」といわれ続けてはや半年・・・・随分間が空いてしまいました。
何度も更新をチェックしてくれた方にはご迷惑をおかけしました。言い訳はしませんが、
いろんなことが重なり、どうにも書けない時期でした。なんとか復活したいと思いますので
どうぞ、今後もよろしくおねがいします m(_ _)m


正宮



天系聖地の不思議①

伊勢神宮内宮は実に不思議な聖地です。

そもそも聖地自体が不思議な場所ですが、不思議の中の不思議というか、
伊勢神宮はちょっと他の聖地とは違うのです。

ご存知の通り「アマテラスオオカミ」という皇室の祖先神といわれ、
日本の最高神でもある神様の中の神様を祭り、神社界の頂点に
あるような存在ですから、特別であるのは当たり前と言えば当たり前。しかし、しかし・・・

何が違うのかというとエネルギーの種類というか、質感とスケールの次元です。。
強烈なエネルギーという意味では他にもあるんです。強いエネルギーを発している聖地は。

通常聖地では、その場所ならではの固有性というか、
「他にはない、そこにしかないもの感」を感じるわけです。
当然聖地同士で似たエネルギーを感じるとかはあるのですが、
基本はそれぞれの土地に根付いたものを感じる。

以前にも書いたことがあるかもしれませんが、聖地の多くは山の地形や
土の成分、地中にある鉱脈や水脈、あるいはまだよくわかっていない
その他の何かなど、大地や風土の物理的な特性が必要条件になっていると
僕は思っています(十分条件ではありません)

例えば神様が一時的に降臨する磐座(岩)や神木(樹)というのは、
聖地の一種の象徴的なランドマークですが、それさえあればいいという
わけではなくて、その土地の特別な環境条件が前提にあると考えたい。

聖地はその土地の固有の条件と何かが合わさって
独特の磁場を形成すると思うワケです。

ところが、伊勢神宮にはその土地の固有性というか、他の聖地のように
下(大地)から湧き上がってくるようなエネルギーが感じられない。

縦1 縦2


それは伊勢のある固有の土地へ向かっているのではなく、
その地を媒介(中継地点)にして日本全体へ向かっている。
あるいは日本全体を覆おうとしている。

そういう意志を感じます。

しかも非常に強固で揺らぐことがない、
「日本を見守り続ける」という強い強い意志です。

さらにそのエネルギーには時間性が感じらません。

他の聖地のように古い時代とシンクロするような感じがない。
それは過去から未来へ、永遠に続く「現在」です。
時の移ろいや記憶のようなものすらない、永遠的な現在なのです。

これが超越神というものなのでしょうか?(よくわかりません)

しかし日本では古くからの自然信仰や神道では多神教の世界観ですから、
一神教的な「唯一神」として捉えるのには無理があります。

八百万の神々にはいろんな系統やグループがあって、さらにそこに上下というか、
地位ということではなくその役割によって次元を異にする神ランクみたいなものが
あると考えたほうがいいのかもしれません。

記紀神話における神々を実在的に語ることに違和感を感じる人も
いるかもしれませんが、僕は「神とは何ぞや?」ということを保留にしながら
聖地特有のエネルギーの質や系統が仮に同定できて、かつ日本人が
長い歴史の中から生み出してきた神様の種類や系統と関連付けること
ができるとしたら、それはある程度実在的に語れるのではないか、
と夢想しているわけです。

それはともかく、
ひとつの疑問が浮かんできます。

伊勢神宮内宮が土地の固有性に根ざしていないとすれば、
そもそも伊勢神宮内宮はなぜこの場所にあるのか?ということです。
歴史的にみても天皇の祖先神であり、日本の最高神を祭る日本の頂点に
ある神社がなぜ伊勢の地にあるのか?

ちょっと調べてみると、いかに自分が無知であったか、
以外なことがわかってきました。                 
                                       (つづく)

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/87-c803ecb3
Listed below are links to weblogs that reference
天系聖地の不思議①(伊勢神宮) from  空間快楽主義 

Home > 聖地 > 天系聖地の不思議①(伊勢神宮)

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。