Home > スポンサー広告 > 抱擁する聖地(グヌン・ルバ寺院)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

okakei URL 2009-02-18 Wed 19:41:27

こんにちは、初コメントです。
バリにいってらしたんですね。数々の写真、癒されます~。

私もバリはウン十年前に神聖なものを期待して行きましたが、観光地化でゴチャゴチャやかましく、日本からの露出高く濃い化粧のギャル多さにがっくりした記憶があります。多分行った場所がよくなかったんでしょうけどね。ウブドにはこのような寺院がたくさんあるんでしょうか?足の裏から地のエネルギーを感じる体験してみたいです。カフェもすごくいいですね。こんなカフェ大阪にほしい!(けどムリですね。。。)

うをを~、旅に出たくなりました!

エッジ URL 2009-02-18 Wed 23:59:38

ごぶさたしてますー
お立ち寄りありがとうございます!
久々のバリはやはり癒されましたよ。
バリは南西部のビーチリゾートとウブド以東では随分雰囲気が違うと思います。特にビーチ派ということでなければ、一度ウブドでゆっくりされることをオススメします(中心はちょっと外した方がいいかも。あと日帰り観光も最悪)
寺院はウブドだけでなく島中に溢れていますよ(笑)

> こんにちは、初コメントです。
> バリにいってらしたんですね。数々の写真、癒されます~。
>
> 私もバリはウン十年前に神聖なものを期待して行きましたが、観光地化でゴチャゴチャやかましく、日本からの露出高く濃い化粧のギャル多さにがっくりした記憶があります。多分行った場所がよくなかったんでしょうけどね。ウブドにはこのような寺院がたくさんあるんでしょうか?足の裏から地のエネルギーを感じる体験してみたいです。カフェもすごくいいですね。こんなカフェ大阪にほしい!(けどムリですね。。。)
>
> うをを~、旅に出たくなりました!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/95-5976c370
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from  空間快楽主義 

Home > スポンサー広告 > 抱擁する聖地(グヌン・ルバ寺院)

Home > 聖地 > 抱擁する聖地(グヌン・ルバ寺院)

抱擁する聖地(グヌン・ルバ寺院)

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2009-02-17 Tue 23:25:24
  • 聖地
 バリ島 ウブド
 グヌン・ルバ寺院

 ネタはいっぱいあるんです。
 バリネタだけでも沢山あるんです。
 写真もいっぱいあるんです。
 書く体力だけがないんです。


中心2 メイン

 抱擁する聖地

 開発の波に飲み込まれて別モノになってしまったか!?
 と思われたウブドだが、一息着いてゆっくり村の周辺を回ってみると、
 そこまで悲観的になる必要もない気がしてきた。
 特にこの寺院を訪れたとき、まだ大丈夫だと思えた。
 誰に言っても共感してもらえないが、ここはウブド№1の聖地だと思う。
 こじんまりとした特になんてことはない寺院だが、
 ウブドの土地がもつ独特の治癒的なエネルギー源はここだと
 今回確信した。(昼間にゆっくり訪れたのは始めてだし)

 チャンプアンの森へ連なるチュリッ川とウォス川が合流する谷間という
 絶好の立地にたたずむこの寺院は、ウブド発祥のルーツとなった、
 などというようなことはまあどうでもよいが、ここの林が薬草の宝庫で
 その「薬草」を意味する「ウバド(Ubad)」が地名の語源だという説は
 ちょっと気になるところではある。

アプローチ

 一番外側の「割門」を入り、中の「儀礼門」を抜け、
 バリ・ヒンドゥー教の神々が祭られた奥の中庭に佇んでいると、
 大地から足の裏を通じてジンジンと優しいエネルギーが背骨をせりあがって来る。
 両脇には神霊樹と思われる大木が風に揺れている。

アプローチ1

アプローチ2

アプローチ3

中心1

           霊樹 左

           
霊樹 右

 シャンパンの泡のようなとても肌理細やかで濁りのない
 透明なエネルギーにやさしく抱擁されているような感じ。
 おもわず温泉につかった時のように「あぁ~」と声が出そうになる。
 比ゆ的な言い方だが、ここには一人の強力な神様がいる、というよりも
 無数の精霊原子が寄り集まった精霊集合体に包まれているような気がした。

やさしい場所

裏

背後

 この場所のエネルギーが濁り、腐ることなく
 透明感を失わない限りウブドは大丈夫だと思った次第。

 しかし、本当にいつでもそんな理想郷のような状態なのか?
 と問われると自信はない。
 (昔、お祭の時夜に来たときはなんも感じなかったしな)

 あまりの心身ボロボロ状態を見かねたウブドの神々の
 特別なお慈悲だったのかもしれない。

チャンプアン川

 帰り道、ちょいワル風&おしゃれな現地の若いカップルとすれ違う。
 その女の子があまりにも魅力的かつ超ミニスカだったので
 僕の聖なる境地は一瞬で崩壊した。。。
 それにしても、ウブドの若い女の子も随分あか抜けたものだ(感涙)
スポンサーサイト

Comments: 2

okakei URL 2009-02-18 Wed 19:41:27

こんにちは、初コメントです。
バリにいってらしたんですね。数々の写真、癒されます~。

私もバリはウン十年前に神聖なものを期待して行きましたが、観光地化でゴチャゴチャやかましく、日本からの露出高く濃い化粧のギャル多さにがっくりした記憶があります。多分行った場所がよくなかったんでしょうけどね。ウブドにはこのような寺院がたくさんあるんでしょうか?足の裏から地のエネルギーを感じる体験してみたいです。カフェもすごくいいですね。こんなカフェ大阪にほしい!(けどムリですね。。。)

うをを~、旅に出たくなりました!

エッジ URL 2009-02-18 Wed 23:59:38

ごぶさたしてますー
お立ち寄りありがとうございます!
久々のバリはやはり癒されましたよ。
バリは南西部のビーチリゾートとウブド以東では随分雰囲気が違うと思います。特にビーチ派ということでなければ、一度ウブドでゆっくりされることをオススメします(中心はちょっと外した方がいいかも。あと日帰り観光も最悪)
寺院はウブドだけでなく島中に溢れていますよ(笑)

> こんにちは、初コメントです。
> バリにいってらしたんですね。数々の写真、癒されます~。
>
> 私もバリはウン十年前に神聖なものを期待して行きましたが、観光地化でゴチャゴチャやかましく、日本からの露出高く濃い化粧のギャル多さにがっくりした記憶があります。多分行った場所がよくなかったんでしょうけどね。ウブドにはこのような寺院がたくさんあるんでしょうか?足の裏から地のエネルギーを感じる体験してみたいです。カフェもすごくいいですね。こんなカフェ大阪にほしい!(けどムリですね。。。)
>
> うをを~、旅に出たくなりました!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/95-5976c370
Listed below are links to weblogs that reference
抱擁する聖地(グヌン・ルバ寺院) from  空間快楽主義 

Home > 聖地 > 抱擁する聖地(グヌン・ルバ寺院)

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。