Home > スポンサー広告 > 原始の聖域

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

hikone URL 2009-09-20 Sun 17:00:53

地神ではないでしょうか?
日本でも荒神様として祀られている例があります。神様ではないのに…

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/97-8447c582
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from  空間快楽主義 

Home > スポンサー広告 > 原始の聖域

Home > 聖地 > 原始の聖域

原始の聖域

  • Posted by: 藤田祐一
  • 2009-03-30 Mon 22:50:54
  • 聖地
バリ島 
ゴア・ワラ~チャンディダサ

WBCには感動させてもらったのだけど、
「侍ジャパン」というネーミングだけは納得しかねる。
あの戦い方は「侍」というよりも「忍び」だと思うんですけど・・・
サッカーもそうだけど、いつから日本人には爆発力とかパワーでは
太刀打ちできないということになってしまったのだろうか?

メイン

原始の聖域

ウブドからチャンディダサへ向う途中、とんでもないものを見た。
整備されすっかり快適になった幹線道路に沿って
ギャニャール地方を抜け、イーストエリアの海岸線に出る。
「チャンディダサまであと、どのくらい?」「30分ぐらいかな」
などとクルマを出してくれた友人と話していると、
突然視界に何かが横切った。というより、
一種異様な妖気に満ちたトンネルを通り抜けたような感じがした。
すぐに振り返って後方を確認する。
「ナンダ、アレハ?」
通り過ぎようとしている寺院の入り口あたりに
異様な気配を放つ対の白い巨木。
60km以上のスピードで走ってるクルマの中まで
何かが伝わってくるなんて経験がない。

「ちょっと待って、クルマ止めてくれる」
友人は「そりゃそうだろう」とでもいいたげな笑みを浮かべている。
クルマを降りて巨木のところへ戻る。
「ナンダアレハ、ナンダアレハ・・・」
頭の中で疑問が渦巻く。

メイン

これ以上無理、という距離まで近づく。
目の当たりにすると、その異様さにしり込みする。
「き、キモイ・・・」
強烈なパワーを放つ巨木や巨石はたくさん見てきた。
殺されるんじゃないかと思うような殺気を放つものも見てきた。
しかし、どれとも違う。今まで見てきたものとは異なるものが
目の前にある・・・
この寺院のご神木であることは間違いない。
きっと古くから信仰の対象とされてきたのだろう。
しかし、この感じ、一般にイメージする祭神とは全然違っている。
なんというか、妖怪に近いような感じもする
(いや妖怪に会ったことないけど)
でっぷり太ってその場を動かない巨大妖怪のイメージだ。
「呪ってやる~」みたいな殺気は感じないが、
妖しく、禍々しい気配を発散し、そこだけ別次元。
「別に人間には興味ないしー」
「でも、祭ってくれるなら、ま、いいかー」とでも言ってるような佇まい。。
霊木枝

現地の家族連れなんかが平気で横を通っていくけれど、
なんともないのだろうか?

しかし、そもそもアニミズムや原始的な自然信仰における信仰対象は
こういった存在だったのかもしれない。
得体の知れない不気味さ、気持ち悪さ、巨大さ、
そして人間なんてひとのみしてしまいそうな強力な霊気。

民俗学的には、そもそもカミとは祟るだけの恐ろしい存在、
「畏れ」の対象でしかなかったという説もあるみたいだし。

寺院

後で調べてみると、この寺院は「ゴア・ワラ寺院」といって
バリ6大寺院のひとつで、コウモリ洞窟で有名なところだった。
観光スポットでもあるみたいだが、いろいろ見てみても
この神木について記述されている情報は見当たらない。
もしかして、自分の感覚がおかしいのか?

さて、目的地であるチャンディダサでも気になる場所があった
ホテルやレストランなどが集まっている中心エリアにラグーンがあるのだが、
幹線道路を挟んでその向かいにチャンディダサ寺院がある。
地元の少女がお供えをしていたりしてイイ感じなのだが、聖地感は薄い。

お供え少女1

お供え少女

フラフラ散歩しながらホテルに戻ろうとすると、その脇に登り階段を発見。
階段

一目で怪しい感じがする。上の方からお誘いの風が・・・
「しんどいことは一切しない」と決めたはずなのに、
汗だくになってフーフー言いながら登ると、そこはまさに聖域。

チャンディダサ寺院の摂社なのか、奥宮なのか、あるいは別モノなのか。
何も情報はない。ただ質素な社が設置されているだけ。
だけなんだけど、これがとてもイイ味を醸し出している。
ヒンドゥー教なのでリンガ(性器型のご神体)は祭ってあるが、
磐座のような依代系は見当たらない。

周辺2

正面

裏

割れ門縦霊樹

ただ階段を登りきった聖域の境界あたりには
ただならぬ雰囲気を発散する霊樹が1本。
でも、もっと恐ろしいもの見たところなのでインパクト弱し。
ここは空間そのものがとても古くから大事にされてきた感が
ビシビシ伝わってくる。

何がしかの儀礼が行われた直後だったのかもしれない。
自然条件的なエネルギー場というより、儀礼や祭祀を重ねることで
いぶし銀の聖地が熟成されてきたようなイメージだ。
それにしても丁寧に丁寧に整備されているようで、
場の整った感じは、日本の神社や禅寺にも通じるものがあった。

ラスト
スポンサーサイト

Comments: 1

hikone URL 2009-09-20 Sun 17:00:53

地神ではないでしょうか?
日本でも荒神様として祀られている例があります。神様ではないのに…

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sixsense.blog55.fc2.com/tb.php/97-8447c582
Listed below are links to weblogs that reference
原始の聖域 from  空間快楽主義 

Home > 聖地 > 原始の聖域

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。